独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

指宿 菜の花 通信(No127) 「田舎医者の流儀(102)・・・JR指宿・枕崎線」

2019年7月1日(月) 菜の花通信

 指宿に通勤するようになって10年経つ。週2回は往復しているので、年100回、10年で1000回以上乗車したことになる。沿線の四季の風景の変化を感じながら通勤している。相変わらず午前6時に家を出て、6時20分の電車に乗る。1時間7分で指宿に着く。同じ電車で通勤している人が7~8名いる、この顔ぶれは4月になると変る、転勤があるのだろう。沿線に高校や専門学校があるので多くの学生が乗ってくる。時代の流れか、殆どがスマホとにらめっこしている。

指宿は古くからの温泉場でもある、観光客も多い。タクシー運転手さんによれば指宿・枕崎線は「揺れが酷い」と観光客に不評なんだそうだ。実はこの路線の中に殆ど揺れない区間がある。谷山駅と慈眼寺駅の間だ。この間は3年前に駅の高架化に伴う改修工事が終了し、線路も新しくなった。今の技術では揺れないように出来るのだと感心している。しかし、他のところは相変わらずガタピシと揺れている。車両も旧式で快適ではない、この10年殆ど改善はない。夏場は冷房が効きすぎ、上着が必須である、今の時代に温度調節位はして欲しいものだと思うが・・・。

 この線は海沿いの山に近い所を走っているので、雨が少し降るとすぐ運休になる。5年ほど前に観光列車たまて箱が崩れた土砂に乗り上げ脱線事故を起こした。それ以来、少し強い雨が降ると運休になる。梅雨の季節は私も3~4回は運休に出会う。朝、途中運休が起こると大変だ。喜入駅までは走ることが多いので乗ってしまうと、その後はバスに乗り換えたりしなくてはならない。JRは親切ではないので代替えバスを準備してくれることは殆どない。予約の患者さんを待たせるわけにいかないのでタクシーに乗って行くことになる。

 帰りに列車が運休になると、バスに乗るが各駅停車で鹿児島中央駅まで2時間かかる。これもまた「老いた体・腰」には負担になり、考えただけで憂鬱になる。最近、上手い方法を見つけた。屋久島を出たトッピーが夏場は2便指宿に寄る、帰る時間がちょうど合うので、それに乗って鹿児島港まで行く。これは快適で45分で着くのでありがたい。ただ、料金は列車の2倍以上掛かる。バスで帰る負担を考えたら仕方ないかと思っているが。 

 雨が降ったらすぐ運休にする。事故が起こったら大変なので、対応はそれなりに理解できる。一方では、住民・学生にとってはなくてならない「足」である。利用する側としては「少しの雨」ですぐ運休になるのでは困ったものだ。あの事故から5年経つ、今までの運行状況を総括し、自転車並みの徐行運転も含め、利用者目線で見直すところはないか検討して欲しい。

電車は指宿観光や生活に欠かせない存在である。雨が降ったら運休する、そのままで仕方ないと置いておくのか。JR、沿線自治体などが向き合って改善策を模索していいのではないか。JRは明治以来、国民が営々と育ててきた鉄道事業を運営している。株式会社になったからと言って「株主様」の方だけに目を向けては役割を果たせまい。営業成績だけでなく、長い国鉄の歴史に想いを馳せながら、苦しくても本来の役割を果たして欲しいと願っている。

令和1年6月30日

国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

当院紹介 院長あいさつ 病院概要 当院の特色 施設マップ 新病棟のご紹介 新病棟建設工事の進捗状況 ヘリポート 地域医療研修センター 臨床研修 出前講座 心不全学習会 心不全教室(患者様対象) 広報誌「菜の花」
診療のご案内 初めて受診される方へ 初めて入院される方へ 今月の外来担当医師 専門外来担当医師・診療時間 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 物忘れ外来 母乳外来
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科 腎臓内科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 透析室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症 これからママになるみなさんへ たばこの害について
採用情報 医師募集 ボランティア募集
情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 倫理審査委員会 節電行動計画 バリアフリー情報 DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 平成29年度 病院指標 平成30年度 病院指標
アクセス 最新情報 お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.