独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

指宿 菜の花 通信(No121) 「田舎医者の流儀(96)・・・聴診器」

2019年3月14日(木) 菜の花通信

 テレビドラマの中では、聴診器は相変わらず医者のシンボルである。しかし、現実の病院の中では聴診器を首に掛けている医者は少なくなってきた。我々の世代は超音波検査、CT、MRIなどの検査機器はなかった。視診、触診、聴診器による聴診などの所見が診断に到達するために大切であった。確かに検査機器は発達してきたがそこにもって行くまで、聴診を含めて基本診察が重要である事は現在も変わらない。

 初診の患者さんの場合、例え腹痛を訴えているにしてもやはり全身一通りの診察が必要である。一部の患者さんはお腹が痛いのに何で胸を見たり、聴診器を当てたりするのを怪訝な表情をされる方もいる。そこで脈の乱れがあったりしたら、心電図を検査する必要がある。心房細動(よくある不整脈)という不整脈があったら、心臓の中の左房・左心耳に血栓が出来、その血栓が飛んでお腹の血管を閉塞し腸閉そくを起こすこともある。血圧は必ず自分で測るようにしている。聴診器を当てて血圧を測ると、不整脈を見つけたり、上と下の血圧差が大きくて(脈圧大)心臓弁膜症などを疑うきっかけになったりする。

 私が診察する患者さんは高齢の方が多い。検診や風邪症状でみえても聴診器をあてることにしている。今まで指摘されていない心雑音を聴取することも珍しくない。特に高齢になってくると大動脈弁の硬化が起こってくるので、大動脈弁狭窄症が見つかることがある。この疾患は突然死を起こすこともあるので臨床的な意義は大きい。

 そうは言っても、高血圧や高脂血症でかかっている患者さんに、毎回毎回聴診をしているわけではない。少なくとも年に1~2回は聴診器を当てるようにしている。時に診察を終わった患者さんが受付で、「先生は、今日は聴診器も当ててくいやらんかった」と不満を訴える事がある。それは大体会話が少なかった時なので「ゴメンナサイ」と謝らざるを得ない。

 私の恩師佐藤八郎先生の診察は視診、聴診、触診など駆使して、詳細に患者さんの状態を把握、正しい診断にたどり着こうとするものであった。患者さんの話をよく聞き、丁寧に診察する姿勢を教えられた。そんな厳格な先生であったが、学生のポリクリ(実習)の際、聴診器を患者さんの胸に当て心音、呼吸音異常なしと言われた。しかし、よく見ると聴診器の耳に当てる部分(イアーチップ)は耳にはなく首にあった。そんなユーモラスな思い出と共に先生の教えを守もろうと思う日々である。

平成31年3月13日

国立病院機構指宿医療センター 総合内科
 中 村 一 彦

当院紹介 院長あいさつ 病院概要 当院の特色 施設マップ 新病棟のご紹介 新病棟建設工事の進捗状況 ヘリポート 地域医療研修センター 臨床研修 出前講座 心不全学習会 心不全教室(患者様対象) 広報誌「菜の花」
診療のご案内 初めて受診される方へ 初めて入院される方へ 今月の外来担当医師 専門外来担当医師・診療時間 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 物忘れ外来 母乳外来
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科 腎臓内科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 透析室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症 これからママになるみなさんへ たばこの害について
採用情報 医師募集 ボランティア募集
情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 倫理審査委員会 節電行動計画 バリアフリー情報 DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 平成29年度 病院指標
アクセス 最新情報 お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ サイト内検索
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.