独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

整形外科外来開設

2020年7月2日(木) 指宿メッセージ

 今年の7月は東京オリンピックで世の中が活気づくはずでしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で社会全体が一変しました。中でも我々医療従事者には心身ともに大きな負担がかかり、当院の接触者・帰国者外来では、受診者34名のうち15名でPCR検査を行い、コロナ感染症疑い患者を9名入院させましたが、幸い全員陰性でした。また、6月から抗原検査が可能になり、3名で陰性でした。

 当院の感染対策チーム(ICT)の努力の甲斐あって、感染症対策マニュアルやフローチャートがブラッシュアップされ、個人防護具(PPE)の着脱方法の教育ビデオは、医師会にも配布しました。また、8月中に新たな陰圧室を25室整備する予定になっており、新型コロナウイルス感染症の第2波に向けての対策を進めています。この感染症の終息には数年を要すると考えられますので私たち医療者には地域医療を守る覚悟が必要です。

 

 さて、令和2年9月に整形外科外来を当院に開設します。

 整形外科外来を担当する 織田 弘美 先生は、昭和45年、鶴丸高校卒業、昭和51年、東京大学医学部医学科卒業後、平成10年、東京大学医学部付属病院整形外科助教授を経て、平成16年から 埼玉医科大学整形外科学教授として活躍され、平成28年からは埼玉医科大学病院 病院長として多忙な業務に携わってこられましたが、令和2年7月、定年退職後、地元である鹿児島の地域医療にご尽力いただくことになりました。

 日本専門医機構整形外科専門医・指導医であるとともに、日本リウマチ学会専門医・指導医として専門医育成にも尽力され、日本リウマチ学会をリードしてこられた先生です。

 この様な実績のある先生が何故、当院に来ていただけるかと言いますと、織田先生は南さつま市坊津出身で、名誉院長の中村一彦先生や私と同郷の縁があり、お願いすることになりました。また、高校、大学の同級生の幹事役をされる実に気さくな先生ですので皆さんも気軽に声をかけて下さい。指宿医療センターでは、非常勤医師として週2回(水、金)、整形外科外来診療を行います。慢性関節リウマチ以外にも整形外科一般領域も担当されます。

 指宿地区には、単科の整形外科病院がありますが、急性肺炎などの感染症や消化器疾患、心不全など全身性疾患のために対応困難な状況が多々あります。

 交通外傷の救急患者では、まず当院でトリアージをしている現状があり、当院に整形外科を開設することは喫緊の課題になっています。現在、鹿児島大学医学部整形外科とも連携をとり、医師派遣をお願いしている状況ですが、今回の整形外科外来の開設は、その新たな第一歩と言えます。併存疾患の多い高齢者を地域で支える中核病院として、指宿医療センターが貢献できるように多職種連携をさらに深めていきましょう。

 

令和2年7月1日

 国立病院機構指宿医療センター 院長
 鹿 島 克 郎


新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ
当院紹介 院長あいさつ 病院概要 当院の特色 施設マップ 新病棟のご紹介 新病棟建設工事の進捗状況 ヘリポート 地域医療研修センター 臨床研修 出前講座 心不全学習会 心不全教室(患者様対象) 広報誌「菜の花」
診療のご案内 初めて受診される方へ 初めて入院される方へ 今月の外来担当医師 専門外来担当医師・診療時間 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 物忘れ外来 母乳外来
診療科紹介 総合診療内科 循環器内科 消化器内科 小児科 産婦人科 泌尿器科 腎臓内科 眼科 外科 整形外科 麻酔科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 透析室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症 これからママになるみなさんへ たばこの害について
採用情報 医師募集 ボランティア募集
情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 倫理審査委員会 節電行動計画 バリアフリー情報 DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 平成29年度 病院指標 平成30年度 病院指標 令和元年度 病院指標 アクセス 最新情報 お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.