独立行政法人国立病院機構指宿医療センター

第2回職員合同宿泊研修を終えて

2019年7月2日(火) 指宿メッセージ

 “ コミュニケーションの質が人生の質を左右する ”
 世界的なコーチとして有名なアンソニー・ロビンズの言葉だそうです。
 この方には、クリントン大統領やゴルバチョフ大統領、ダライラマ、ダイアナ妃など世界の超一流がコーチを受けたそうです。

 6月28日、石本 田鶴子先生を講師に招き、第2回、職員合同宿泊研修をメディポリス指宿で行いました。参加者総数は、84名で昨年の第1回よりも20名多く参加してくれました。今回のテーマは、“ チーム医療を支えるコミュニケーション ~患者さんと信頼関係を築くために ” です。

 石本先生は、日本コミュニケーション能力認定協会のシニアトレーナーで現在、大分を中心に活躍されています。石本先生の最初の問いかけが、“ コミュニケーションの目的は何でしょう? ”でした。 冒頭で紹介したように、コミュニケーション次第で人生が大きく変わることを世界のリーダー達は知っているからこそ、そのスキルを身につけようと必死なのです。因みに答えは、“ 人との関わりの中で、幸せな人生を創りあげていくこと ”でした。

 ここで注意しておきたいことは、スキルとテクニックは異なるということです。
 テクニックは単なるうわべの技術であるのに対して、コミュニケーションスキルは、相手に心をしっかり伝え、信頼関係をつくるために必要な技術です。驚いたことに、人は相手の言葉そのものより、相手のしぐさや話し方に大きく影響されるそうです(言語の影響 7%、非言語の影響 93%)。グループワークで実践してそのことを実感しました。

 患者さんと信頼関係を築くためにまずやるべきことは、最後までその思いを聴くことです。
 “ 結果を残す人は聴き上手 ”  “ 人を動かすには、聴くが9割 ”
 “ 人は信頼できる人の言うことをきく ”
 聴く力が弱いことは、医療人としては致命的です。
 そして日頃から言葉だけでなく、表情やしぐさでも共感してあげることも重要です。
 このようなコミュニケーションを患者さんやご家族に対してだけでなく、職員間でも継続することで理想とするチーム医療ができると思います。

令和元年7月2日

 国立病院機構指宿医療センター 院長
 鹿 島 克 郎

当院紹介 院長あいさつ 病院概要 当院の特色 施設マップ 新病棟のご紹介 新病棟建設工事の進捗状況 ヘリポート 地域医療研修センター 臨床研修 出前講座 心不全学習会 心不全教室(患者様対象) 広報誌「菜の花」
診療のご案内 初めて受診される方へ 初めて入院される方へ 今月の外来担当医師 専門外来担当医師・診療時間 文書料および予防接種料 セカンドオピニオン 人間ドック 物忘れ外来 母乳外来
診療科紹介 消化器科 循環器科 総合診療内科 小児科 外科 泌尿器科 産婦人科 麻酔科 眼科 腎臓内科
部門紹介 看護部 看護部の概要 教育体制 看護単位(病棟)の紹介 薬剤科 治験管理室 診療放射線科 研究検査科 栄養管理室 リハビリテーション科 医療安全管理室 透析室 地域医療連携室 ひなぎく病児保育室
コラム 目の前で人が倒れたら? 子どもの病気について 月経困難症について 女性ホルモンと骨粗しょう症 これからママになるみなさんへ たばこの害について
採用情報 医師募集 ボランティア募集
情報公開 個人情報ファイル管理簿 文書ファイル管理簿 「情報公開・個人情報保護総合案内所」に関する広報 法令違反に関する外部からの通報手続きについて 倫理審査委員会 節電行動計画 バリアフリー情報 DPCデータによる当院の病院指標 平成27年度 病院指標 平成28年度 病院指標 平成29年度 病院指標
アクセス 最新情報 お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ
独立行政法人国立病院機構指宿医療センター
891-0498 鹿児島県指宿市十二町4145
【電話】
0993-22-2231 【FAX】0993-22-3149(ファックス) 【地域医療連携室FAX】0993-22-2772

Back to top

Copyright © 2013 National Hospital Organization Ibusuki Medical Center All Rights Reserved.